「出産すれば自然に体は妊娠前の状態に戻る」…こんな説がありますが、残念ながら本当ではありません。確かに体は戻ろうとするのですが、その間の生活習慣やケア不足によって阻害されることも…。特に体型が戻らないだけでなく、さまざまな症状の原因となるのが骨盤の歪みです。

産後のこんな症状、骨盤の歪みが原因かも?

出産後は「重いお腹から解放されて、体重も体型も元どおりに!」と思っていたのになかなか戻らない…それどころか、かえってスタイルが崩れてきたし、腰も痛い!

こんな症状に悩まされるママは少なくありません。産後の困った症状の多くは、実は「骨盤の歪み」によるもの。食べ過ぎや努力不足、運動不足ばかりが原因ではないので、無理なダイエットやエクササイズに走らないようにしましょう。

産後、骨盤のゆるみが原因で起こる主な症状には、

  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 膝痛

などの関節の痛みを始め、

  • 生理痛
  • 生理不順
  • 冷え性
  • 尿漏れ
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • ヒップラインの崩れ

といった、一見骨盤とはまったく関係のなさそうなこともあります。

これは骨盤の歪みが血液やリンパの流れを阻害するためです。出産前にはこんなことはなかったのに…という症状があったら、要注意です。

産後、骨盤はなぜゆるんでしまうの?

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ、体の中心。また、腸や子宮といった重要な器官を保護するために、筋肉や靭帯でがっちり固められた、頑丈な構造になっています。

そのため、平常の状態では出産が困難になります。そこで、胎児が通りやすいよう、妊娠中から骨盤の靭帯や関節をゆるめる働きのある「リラキシン」というホルモンが分泌されるのです。

しかし、いいことばかりではありません。出産後もリラキシンの影響は数ヶ月~半年は続きます。骨盤がゆるんだ状態で産前と同じように家事をこなし、さらに育児が追加されるため、産後の女性の体には大きな負担がかかることになるのです。

また、妊娠中お腹が大きいために自然に反り身になっていたり、体のどちらかの側に体重をかけていると、骨盤が歪みやすくなります。筋力も低下しがちなので、むしろ歪んでしまうのは当たり前と言えるかもしれません。

骨盤の歪みを改善するには

産後の骨盤の歪みを改善するには、骨盤ベルトやエクササイズが有効です。とはいえ、産後は少なくとも一ヶ月は安静にするべき。骨盤ケアは医師の許可が出てからにしましょう。

骨盤ベルト

ほとんどの産婦人科で採用されている、骨盤ケアの代表格です。開いてしまった骨盤を正しい位置に矯正し、回復を促してくれます。妊娠中のお腹と腰を支えるのにも使えるので、早めに準備するとよいでしょう。また、骨盤の歪みを改善することでダイエット効果も期待できます。

エクササイズ

まずは骨盤の歪みチェックもできる簡単なエクササイズを紹介します。

  1. 仰向けに寝て膝を立てる
  2. 膝が床につくまで腰をひねる。左右交互に、約3分間行う。
  3. やりにくい方に骨盤が歪んでいるので、そちら側に倒す回数を多めにすると効果的

 

立ったままできるエクササイズは、

  1. 足を肩幅に開き、手をしっかり腰にあてて左右に動かす
  2. やはりやりにくい方の回数を増やすとよい
  3. 最後に腰を大きく回す

 

エクササイズは続けることで効果が期待できるので、毎日決まった時間に行う、目が覚めたら起きる前に行うなど、自分なりに決めておくとよいでしょう。

骨盤ケア用のグッズを使う

骨盤ベルト以外にも、骨盤ケア用のショーツやガードルなど、着用することで歪みを改善できるグッズがあります。お腹の引き締めやヒップアップもできるのでおすすめです。ただし、産後1ヶ月は控えてください。帝王切開の人は医師の許可を得てから使用するようにしましょう。

バランスボールを椅子代わりに使うのも、骨盤の歪み改善に効果的です。普段、ソファや床に座っているのをバランスボールにするだけなので取り組みやすいケア方法です。インナーマッスルも鍛えられて一石二鳥。

骨盤の歪みは適切にケアしよう

産後の骨盤は、6か月経つとほとんど動かなくなるとされています。遅くとも産後3ヶ月までには適切なケアを行いたいもの。スタイルだけでなく、さまざまな症状を予防するためにも、自分に合った方法で骨盤ケアをしてくださいね。