妊娠中のプレママが先輩たちから聞かされる「怖い話」…。それが「産後は尋常じゃないほど髪が抜ける」こと。シャンプーやブラッシングの度に、あるいは寝起きの枕やシーツを見たら…など、これまで経験したことがないような量の抜け毛に、ハゲてしまうのでは?と不安になるかもしれません。
なぜ産後は抜け毛が増えるのでしょうか?また、対策はあるのでしょうか。
今回はそんな心配と疑問に応えます。

産後に抜け毛が増える理由は?

出産によって女性のホルモンバランスは大きく乱れます。閉経を除いては、一生の間で最も激しい変化とされているほどです。

妊娠中は髪の毛にツヤを与え、健やかに保つ女性ホルモンの分泌が増加しています。肌や髪がキレイになると言われているのはこのためです。実際に、妊娠中の方が肌の状態がよかった、産んだらシミや肌荒れが気になるようになったという声はよく聞かれます。これは産後に女性ホルモンの量が減少するためです。

また、髪の毛には毛周期というサイクルがあります。

成長期…髪の毛の素である細胞が分裂して伸びていく時期。4~6年。
退行期…成長が鈍り、最終的には止まってしまう時期。約2週間。
休止期…抜けるばかりになっている状態。約3ヶ月。

1日に50~100本の休止期の髪の毛がブラッシングやシャンプー、または自然に抜けていきますが、薄くならないのは全体の約90%が成長期のものだからです。

しかし、産後のホルモンバランスの変化は、このヘアサイクルにも影響を与えます。本来何年もあるはずの髪の毛の寿命が、数ヶ月から1年と極端に短くなってしまうために、抜け毛が増えるだけでなく、ハリやこしもなくなることで、髪の毛が薄くなったようにも感じられるのです。

産後の抜け毛は自然に治まる?

産後、急激に減少した女性ホルモンは、数ヶ月かけて徐々に元に戻っていきます。ホルモンバランスが整えば、抜け毛もだんだん気にならなくなるはず。長くても1年以内には回復するでしょう。

しかし、授乳をしている場合はもう少し時間がかかります。乳汁を分泌するプロラクチンによって女性ホルモンが抑制されるので、抜け毛の回復はその分遅くなると心得ておいてください。

また、産後は生活が不規則になりがちです。赤ちゃんのお世話が第一で、ママは睡眠も食事もゆっくりできず、いつも疲れているし、気分もふさぎ込んだりイライラしがち…。こんなストレスもホルモンバランスが乱れる原因になります。時にはパパや両親、近くにいなければママ友や赤ちゃんの預かりサービスなどにお願いして、リラックスできる時間を持つようにしましょう。

産後の抜け毛対策

いずれ治まるとわかっていても、毎日髪の毛がたくさん抜けるのは気になりますよね。特にロングヘアの人は抜け毛が目立つので落ち込んでしまうかもしれません。だからといって、なるべく髪の毛が抜けないようにとシャンプーやブラッシングを控えめにするのはNGです。

健康な髪の毛のためには頭皮の清潔を保つことが重要です。シャンプーの時にマッサージしたり、スカルプケア用のブラシなどを使って、血行促進を心がけましょう。また、髪の毛そのものに栄養を補うよう、トリートメントやヘアオイルなどもおすすめです。

産後は自分のことは後回しになりがちですが、食事の内容や睡眠時間の確保にもできるだけ気をつけたいもの。タンパク質やビタミン、ミネラルといった五大栄養素をバランスよく摂取するよう心がけてください。睡眠時間も、赤ちゃんが寝ている時は一緒に休むようにするなどして補いましょう。

産後の抜け毛は丁寧なケアが大切!

産後の抜け毛は時間はかかりますがだんだん治まってきます。その間は髪の毛と頭皮のケアを丁寧に行いましょう。どうしても気になる場合は、医師や行きつけの美容院で相談してみることをおすすめします。