バイラルマーケティングはどの様にして一般的なマーケティング手法となったか

バイラルマーケティングは今ではマーケティングを知る人であれば誰もが選択肢として考えるマーケティング手法の一つですが、ではバイラルマーケティングはどの様な歴史を経て今の様に認知されるに至ったのでしょうか?
バイラルマーケティングの発症の地はアメリカで、1950年頃に活用され始めました。この頃のアメリカはというと、この手の手法がとにかく開発されまくっていた時期で、例えばテレビのCMに気付かれない様に僅かなコマだけ訴えたい事や売りたい商品を挟み込むサブリミナル効果なんかも使われていました。アメリカという国はこの手の民衆を誘導する系のテクニックがとにかくたくさん開発され、使われています。アメリカというと自由の国で国民一人一人が意志と発言力を持っている様なイメージがありますが……実際はどうなんでしょうね。
最初に行われたバイラルマーケティングはどの様なものかというと、二人一組の工作員を作り、様々な場所でひたすら商品についての感想を周りに聞こえる様にしゃべりまくったそうです。とても効果があり、その商品は売れに売れたそうです。光栄のゲームの三国志でひたすら流言飛語を使いまくり、その国の民の忠誠度を下げまくって民衆の反乱を起こさせる事は三国志をプレイした事がある人なら誰もがやった事があるかと思いますが、まさか実際に効果があるとは思いもよりませんね。

口コミは更なる進化を遂げる

最初は上記の様にあくまでも人の口を介した宣伝としてマーケティングされていましたが、インターネットが主流の時代となり、口コミの舞台もインターネットへ移ってきました。
結局、人の耳目がある場所である限り、バイラルマーケティングは効果的なので、我々が触れる事が可能な世界では全てバイラルマーケティングが行われているのかもしれません。
インターネットでの口コミの方が安価で多くの人の耳目に触れるために、インターネットでの口コミ宣伝が多くなりました。
特に大手の掲示板の様な誰でも書き込みができて、見る人の多いものでは盛んに行われております。こうなると情報の精度が失われてしまいますので、運営側としてできるだけピュアな口コミを多くするために掲示板を有料にしたりしています。課金してまで宣伝する様な人や企業はかなり少ないからです。
この様にインターネット上でバイラルマーケティングが行われている事は非常に多いですが、それが宣伝であると明かされる事はほとんどないためにステルスマーケティングと化し、社会的な問題となっています。